2011年05月21日

チキ更新

tiki_Update1.pngMUGEN1.0に対応
同時押し系ボタンの変更
AIの更新
新紋章ポートレイト追加

まずはボタンの変更から。
サターンパッド使ってるんで気にしてなかったんですが
今までのチキは4ボタンでは操作が極めて困難だったんですよね。
同時押し系に普段使ってないボタン宛ててますし。
そこで単ボタンの配置は変えずに、
ABCZの4ボタンで操作できるように変更しました。
残ったXYは X=A+B Y=C+Z と同時押しボタン扱いに。
それでも6ボタン用に弱中強と横並びの配置になっているので
4ボタンの場合はcmd内の[Remap]で入れ替えたほうがいいかもしれませんね。

AIの更新は主にHard用のものでガードが固くなっています。
ポートレイトの追加は新紋章からの1枚のみ。

MUGEN1.0への対応ですが
デフォルトでは今まで通りWin版になっています。
MUGEN1.0で使用したい場合は、
・キャラクター登録を tiki/tiki_1.0.def とする。
・このフォルダにある tiki.def をひとつ上の階層に移動させて上書きする。
のどちらか。

基本的には画面サイズを変えても問題ないように作ったのですが
tiki_U1-1.pngどうにも出来なかったことがひとつ。
これまで通りの高さになる
15:9を前提に作ったんですが
16:9にするとこんな感じに下が切れます。
そこで高さ調整用のVarを用意したんですが、
tiki_U1-2.pngすると高さを調整した分、このように
神竜石専用メニューだけがずれます。
専用メニューは相手にExplodを出させる
という仕組みなんですが、
相手側のステートにVarを入れるわけにはいかないんですよね。
こうなると手動で専用メニューのY座標を
調整してもらうしかないのかなぁ。
例えば LocalCoord = 400,300tiki_U1-3.png
画面サイズが1280:720の場合
こんな感じで var(37)を 10
専用メニューのExplodのY座標を現在の数値に -10
にするとぴったり合うようです。
まあ、下が切れても気にせずに
var(37)=0 のまま変えないのが一番楽ですね。

今後も完成しているキャラはこんな感じで1.0対応版を作っていきますかね。
チキのような全画面演出を使ったキャラは他にいないのでそれほど苦労しないでしょうし。

あと対応しておいてなんですが、そもそも2D格ゲーに16:9は合わないと感じますね。
3Dにはいいと思いますが、2D格ゲーは飛んだり跳ねたりしますから。
posted by UJI at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | チキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202694148

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。