2010年12月15日

シュリセル・後編

Schlussel_Release2.png前回に引き続き
先日公開したシュリセルについて。

今回はSモードの解説。
Sモードでは「あおいはな」「わんひょう」「ひょうが」
の仕様がゲーニッツのものと大きく変わります。

※印は次回修正予定で後半に修正方針を書き出しています。

<あおいはな弱>
GONZO-氏製作ゲーニッツの あおいばな・せんくう と同じ技。
対空目的で搭載したものの、前に移動してしまうため
対空技としては思いのほか使い勝手が悪くなってしまった。 ※1
コンボパーツとしても優秀で 衝月 や わんひょう弱 で浮いた相手に決めていく。
ヒット後の状況が あおいはな強 よりいいので地上連続技に使う手もあり。

<あおいはな強>
弱が対空技なら、強は対地技。
出掛かりの胸を仰け反らせた時にガードポイントがある。
空中の相手にヒットした場合は2段目以降を出さない。
2段目をスーパーキャンセルして みずち強 などに繋げる事が可能で
ゲージ回収率も弱より優れているため地上連続技向き。
ガードポイントは現状では立ち・空中攻撃を防ぎ、しゃがみ攻撃は防げない。 ※2

<わんひょう弱>
Schlussel_R2-1.png設置型地雷技。相手が近づくと自動発動。
時間経過でヒット数が減っていき最終的には消滅。
やられ判定があり攻撃を受けると消滅する。

<わんひょう強>
設置型砲台技。
接地後、同コマンド入力で発動。
ヒット数減はしないが、設置状態から消滅までの時間は短め。
やはりやられ判定があり攻撃を受けると消滅する。

<ひょうが>
攻撃判定のある移動技。
Schlussel_R2-2.png弱は赤、強は緑の軌道で移動する。
移動距離はどちらも一画面程度。
出掛かりの竜巻には
相手の飛び道具を打ち消す判定がある。
ヒット後はよのかぜでの追撃が可能。
弱は普通の突進技、強は飛び道具を飛び越える感じ
・・・という想定だったんですが、
弱が便利技、逆に強は使えない技になっちゃってますね。 ※3

<次回修正の方針>
※1
攻撃判定の持続時間を延ばす。
現状では4Fしか攻撃判定がでてないので対空で当てるのが難しい。
Schlussel_R2-3.png※2
ReversalDefで右の画像の赤枠にあたると防ぐという
場所によるガード方式に変更。
飛び道具にはこれまでと同じHitOverRideで対応。
現状ではしゃがみで攻撃判定の位置が高い技
を防げないのが微妙すぎる。
※3
弱を対飛び道具能力の削除、相手側のガード硬直を短くするなど下方修正し、
強は仕様そのものを変えて格差の是正を図る。
posted by UJI at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | シュリセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173510055

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。