2010年12月01日

シュリセル・前編

Schlussel_Release1.png乱王の解説を放置しちゃってますが
新たにcns担当キャラが公開されたので
こちらの解説を。前後編予定。

今回は22B氏のシュリセル。
公開はAkkin氏のHPで代理公開という形を取っています。
基礎になる部分を既にJIN氏が組んでいるキャラなので
自分が手を加えたのは追加モードや追加技、それに伴う調整など。
今回の解説は、両モード共通の追加項目、及びGモードの変更点について。

<轟斧 風>
普通に出すと、振り上げた状態で一瞬タメを作る中段技。
通常技をキャンセルしてだすと、タメがなくなり上段技になる。

Schlussel_R1-1.png<衝月>
浮かせ技
Gモードならわんひょう弱、
Sモードならあおいはな弱での追撃が最適。
手の部分にやられ判定がないため
失敗時のリスクは大きいものの対空としても使える。
もうちょっと判定の持続時間を長くしてあげてもいいかも。

<遠強K>
今までのものが特殊技に変更されたため追加。
実は空中ガード不可。

<しゃがみ強P>
今までのものが特殊技に変更されたため追加。
相手との距離を離す性質がある。

<空中ひょうが>
フェイント技 弱は後に移動、強は真上に移動→攻撃。

<やつかはぎ>
MAX闇慟哭専用の追加入力技。
コマンド受付時間は長いが、ギリギリまで待ったほうがダメージは大きい。

Gモードは特殊技の追加以外に触るつもりはなかったんですが
やつかはぎを追加した時点でその決まりを崩しちゃったので
「まあいいだろう」と思い、空中ひょうがを追加しました。
Sモードだけ「やつかはぎ追加」「ひょうが空中可」というのも不公平に思えますしね。
あとGモードで弄ったのはわんひょうヒット時の挙動くらいですかね。

次回はSモードについて。
posted by UJI at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | シュリセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171441526

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。