2010年08月10日

乱王Mk2公開 1

ranoh2_Release1.png七草堂にて、乱王Mk2が公開されました。
リースやミノタウロスと同じく
cns部分を担当しましたので
こちらのブログで細かい性能を解説していきます。

長くなりそうなんで数回に分けて解説。
第1回は特殊構えの背向けについて。
第2回 第3回 第4回

ranoh2_R1-0.png<背向け状態になる方法>
1:ニュートラル時Zボタンで任意に
2:特定の技の後、自動的に
3:特定の技の後、相手と逆方向を押しっぱなしにする
の3パターンで背向け状態になれます。

1の任意背向けには出掛かりに
ranoh2_R1-1.png飛び道具を吸収する性質があります。
この飛び道具吸収については必殺技の説明のときに。
2は技表に(背向けへ)と表記がある技とダッシュ弱K。
3の「特定の技」とは、
立ち強K(遠近両方)・しゃがみ強K(3発どこでも)・
レバーいれ強K>強K・ダッシュ強P・ダッシュ強K・
前投げ・セントーン・くるくる回転きっく・背向け時の後転・ムーンサルトプレス
以上…かな。
動き的に「相手に背を向けた状態で終わる技」「相手に足を向けた状態で起き上がる技」
のあとだと覚えておけばOK。

<背向け状態の技の性質>
・ 背向け解除
ranoh2_R1-2.png背向け状態を解除し普通の立ちに戻る
・ 裏拳
背向け状態での主力技。
アーマー技で受けるダメージを半減させる。
また受けたダメージを攻撃力に上乗せする。
・ ヒッププッシュ
射程の短い中段技。発生は早く、モーションも見切られづらい。
・ ムーンサルト
単独では移動技。逆方向押しっぱなしで移動距離を短くできる。
Y押しっぱなしでムーンサルトプレスに派生。
・ ムーンサルトプレス
ムーンサルトからの派生技。ガード不可でヒットせずに地面に落ちるとダメージを受ける。
ぐらんどあっぱーのダウン追撃や遠距離からの奇襲などに使う。
・ RFS(リバースフランケンシュタイナー)
近距離用のガード不可技。
ranoh2_R1-3.png・ ぐらんどあっぱー
喰らい判定が極端に低くなる突進技。
B押しっぱなしで距離の調節が可能。
・ くるくる回転きっく
相手のガードの裏から攻撃する。
威力こそ低いがかなり強力。
・ かべいりんにゃモドキ
追尾性能がある中段技。かなり離れてない限りは届く。
終了後再び背向け状態に戻るが、そのときのかべいりんにゃモドキは低空版になる。
・ 足払い
発生の早い下段技。普通のしゃがみ強Kと同じ技。
・ ダッシュ
背向け状態からダッシュする技。最初のステップに飛び道具吸収判定あり。
・ 後転
間合いを離す技。方向キー入れっぱなしで背向けを継続する。
ranoh2_R1-4.png・ 護身
要はガード。ダメージを7分の1に抑える。
ステートを奪うタイプの技は防げない。
この状態からでも、裏拳とぐらんどあっぱーは出せる。
・ 挑発
ただの挑発。特別な効果などはない。

以上が背向け技です。
相手が手を出してくるところを裏拳で潰し、
警戒している相手には様々な技でガードを崩すというのが、背向けの基本戦術。

今回はここまで。
次回はサムスとセーラの二人について解説します。
posted by UJI at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 乱王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159011585

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。