2009年10月04日

竜牙槍

DragonFang.pngショクシュスキー氏のHP
聖剣伝説3のリースが更新されました。
9/24にも更新されてたんですが、まとめて解説。

絵、そのものの全体的な描き直し。
新超必殺技・竜牙槍の追加。

事の始まりはリボンをつけることだったんですが
パレットの整理や古い絵の描き直しをすることになり
長期日程の大規模改修工事に。

竜牙槍.png今回のメイン・竜牙槍。
発生が速く、リーチの長い突き技。
ゲージ消費の割に低威力ですが
派生技の竜牙双や無双三段に繋げることで
威力を補うことが出来ます(どちらもゲージ消費)。
また、Yボタン押しっぱなしで3段階までタメ可。
原作ゲームにも同名の竜牙槍という技がありますが、
どちらかというと派生の竜牙双のほうが原作に近い技ですね。

使いどころですが、発生が速いのが最大のポイントで
タメなしなら中攻撃から連続技にできます。
ここから派生技の竜牙双に繋ぐと大ダメージを狙うことが出来ます。
ただし、竜牙槍+竜牙双でも無双三段より威力は劣るので
強攻撃ヒット時など、無双三段が確定する場面では
無双三段を狙ったほうがよいでしょう。

次にタメによる違いについて。
タメの段階により、ドラゴンのオーラ部分のヒット数が増えます。
まず、全く溜めずにすぐに離した場合は1ヒットのみです。
50フレーム以上溜めると2段階目になり2ヒットになります。
2ヒット目にはガードクラッシュ効果があるため
ここから派生技に繋ぐと確実にダメージを与えられます。
100フレーム以上溜めると最終段階になり3ヒットになります。
2ヒット目でガードクラッシュするため、3ヒット目は実質ガード不可です。
タメの段階はリースの色で判断するといいでしょう。

9/24の更新からの変更点はここですね。
以前は3ヒット目でガードクラッシュだったんですが
2段階目の使い道が今ひとつないということで現在の形になりました。

この辺りのことを書いている時に致命的なミスが発覚。
竜牙槍のボタンがY+Bでパワーためと被っているため、
ゲージMAXのときでないと生出しできないというミス。
修正しておいたので、10/3の更新でDLした人はもう一度DLし直して下さい。
posted by UJI at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | リース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック